千夜一夜

人生は短い、それはまるでたった1日のように

趣味

ピューと吹く!ジャガーは音楽異能バトル漫画である

異能力バトルの漫画が好きです。ヒロアカとか魔王ジュブナイルリミックスとか。でも一番好きな漫画は何?と言われたら毎回ジャガーさんって答えてる。週間少年ジャンプで10年連載していたピューと吹く!ジャガーはただの伝説の不条理ギャグ変態漫画じゃない…

コインロッカー・ベイビーズ感想2018

コインロッカー・ベイビーズ再演、東京公演3回観ました。橋本キク河合ハシを1回、河合キク橋本ハシを2回。2016年の初演は未見です。 ちょうど初演があった頃に原作を読んでたんだけど、当時は舞台のこと全然知らなかったのが悔しい。コインロッカーに捨てら…

「空に歌えば」の話

先日「ピースサイン」を改めてちゃんと聴いたら歌詞があまりに本編で、友人に曲と歌詞のリンクを送ったら最終的にほぼ丸1曲分歌詞の解釈大会に発展した。ノートに歌詞書いて赤字で感想を入れたのをお互い送りあう大会。それをきっかけに、去年の秋にもその子…

タロット(画:タカノ綾さん)をはじめた

ツイッターをきっかけにタロット占いを始めてみました。 イギリス修行帰りの魔女が営む山形県の黒魔術専門店から、2体1組で使う呪術用人形の片方が盗まれ、それがSNSで「大変危険です」と拡散され、各種占いをやっているフォロワーが犯人の行方を占ってその…

(非マヒシュマティ国民による)バーフバリ完全版感想

「バーフバリ 王の凱旋 完全版」は五七五だから語呂がいいよね。 って一緒に見た先輩が言ってました。 キャッチコピーの「願いは叶う。」は何を指してるんだろう。正直にいうと、後半うとうとしながら見てしまったので私はマヒシュマティ非国民です。あと伝…

Calligraphr(Paintfont.com)で手書きの英数字フォントを作った

Calligraphrというwebサービスを使って、自分の手書き文字でフォントを作った。 テンプレートを作成して印刷、撮影して取り込むとフォントになります。無料版は一度に75文字までの制限があったので、数字とアルファベットと記号で70字分作ってみました。 Cal…

【Etranger di Costarica】カラフルで使いやすいおすすめノートブランド

お気に入りの文房具ブランドEtranger di Costarica(エトランジェ ディ コスタリカ)のノートについて。2018年の手帳もここのA5マンスリーを使っています。写真の右はB6の方眼ノート。 厚紙の表紙の質感と、デザインのカラフルさがお気に入りです。表紙のカ…

万年筆の書き心地に近いボールペンはサラサクリップ0.7だと思う

愛用の万年筆カクノ中字に近い書き心地のボールペンを探したら、ZEBRAのサラサクリップ0.7にたどりつきました。1本100円(ビックカメラなら80円)。 黒と赤と緑とブルーブラック。ここ1ヶ月はこの4本とシャープペンシル+消しゴムを持ち歩いてます。あとイン…

2度目の「坦々とおこり」シラカンin横浜

前回からひと月あけて、シラカン「坦々とおこり」を見てきました。 初日の感想もどうぞ。話の内容なんかはこちらに詳しいです。 www.senyaitiya.com 会場 演出 アフタートーク 前の感想で役名がわからなかったことについてかなり尺を使ったのですが、今回は…

シラカン「坦々とおこり」感想、天国とおでん

北とぴあカナリアホールで劇団シラカンの最新作「担々とおこり」東京公演初日を見てきました。 おじいちゃんのお葬式に出られなくて後悔したから、なんとかして出ようとする話 あらすじです。最初はタイムリープものかと思った。おじいちゃんのお葬式に出な…

映画「バーフバリ 王の凱旋」王子から勇者、そして王へ

前作未見で挑んだけど楽しかった!仲の良い高校の先輩と丸の内ピカデリーで「バーフバリ 王の凱旋」を見てきました。丸の内ピカデリー、広い!あと売店のスイートクリームチーズプレッツェル、あったかくてふわふわで美味しいです。 自分の生まれを知らず村…

舞台「アンチゴーヌ」感想 不変の災厄とは

1/27の新国立劇場小劇場で「アンチゴーヌ」昼公演を観てきました。 国立劇場と新国立劇場が違うことに当日気付いた。新国立劇場は、新宿から京王新線で1分の初台駅が最寄りです。改札から京王新線のホームまでかなり長い。ひたすら階段を降りて、京王線の入…

生瀬勝久を目当てに「怪盗グルーのミニオン大脱走」を見た

年末年始にミニオンシリーズの映画を見ました。配信サービス最高。吹き替えを目当てにアニメ映画を見て、イメージとは違ったけどばっちり楽しんだ話です。あとミニオンたちがかわいい。 きっかけは、公開を控えている舞台「アンチゴーヌ」に関するサイトを見…

アニメと実写と絵画のあいだ「ゴッホ〜最期の手紙〜」感想

映画「ゴッホ 最期の手紙」を新宿シネマカリテで見てきました。世界初の油絵アニメーション、とのあおりに惹かれてのチョイスです。 後半はストーリーの核心に触れるので、ご了承ください。 あらすじ 画家ヴィンセント・ヴァン・ゴッホの死から一年。青年ア…

走馬灯で見えるもの『誰か席に着いて』感想

千夜です。「誰か席に着いて」12/8夜公演を見てきました。シアタークリエに行きましたが、昨日は本当に寒かった。 先ほど公式サイトで公開されている舞台映像を見たら、かなり核心に近いシーンも出していて驚きました。ストーリーを事前にわかっていても問題…

萩原浩『砂の王国』最強の映画化キャストを考える

こんにちは。千夜です。萩原浩さんの長編『砂の王国』がひたすら好きなので、私の考える最強の実写映画化について。俳優さんのことも語ります。 いちおう終盤の展開には切り込んでいませんが、若干のネタバレがあるかも。未読の方はお気をつけください。

2017買ってよかったもの3選

今週のお題「今年買ってよかったもの」 買ってよかったもの、迷いますね。ありすぎるのと、あとはもうどこからどこまでが2017年か把握できてないです。 3つに絞ったので、どうぞお付き合いください。 KAKUNO(万年筆) iCLIP(ブルーライトカットレンズ) ル…

映画「ちづる」感想 母と娘のふたりの月

千夜です。映画「ちづる」を見てきました。立教大学新座キャンパスで行われた、上映会+赤崎正和監督の講演、というイベントにて。監督が自閉症の妹を1年間撮影し、卒業制作が全国公開となったドキュメンタリーです。

2017年だけどポメラDM20デビューしました

ポメラDM20がやってきました。使ってみたい!と各機種の特徴を調べて、DM20にしようと決めてそのまま購入しました。ちょうどバイトのお給料日だったので。 昨日のはしゃぐ様子。 中古のポメラDM20をポチったので届くのを待てずにアプリを入れました pic.twit…

【商用利用可】#推しフリーフォント 7選

昨年の今頃にZINEやってみたいな、と考えて作ったお気に入りフリーフォントまとめ画像が出てきました。昨年までフリーマガジン制作団体にいたので、3年近く用途に沿って探してはダウンロードし、記事に使用していたものです。 今週のお題「芸術の秋」にも絡…

『そして人生はつづく』悲しかったことも忘れても

20171031-1106 立教大学演劇研究会 『そして人生はつづく』 一度だから取りこぼしたところの方がきっと多いくらいだけど、覚えているかぎり少しずつ書きます。一度しか見られなかった。あのエネルギーの圧を消化しきれないまま、もう一度見る覚悟のつかない…

シラカン『花擤んでふゆう』は百合と想像ラジオだった

池袋あうるすぽっと FESTIVAL TOKYO 『実験と対話の劇場 - 新しい人 / 出来事の演劇 -』 フェスティバルトーキョーへ行ってきました。 シラカン『花擤(か)んでふゆう』について。 舞台を見始めたのは本当にここ数ヶ月のことだけれど、これを見て、私はかな…

『リチャード三世』殻を出られなかった王

20171031 池袋芸術劇場2階プレイハウス 「リチャード三世」見てきました。 席は一階の最後列中央。 映画と演劇好きの高校の先輩から連日のように薦められて行ってきました。 去年「抜け穴の会議室」のDVDを見てから佐々木蔵之介の舞台に興味があって。google…