千夜一夜

人生は短い、それはまるでたった1日のように

内定証明をなくしかけて賃貸の審査が大変だった


学校の卒業と新卒入社に向けて、一人暮らしの部屋を決めました。お目当ての部屋を内見して、すぐ手続きしたスピード決定です。

 

f:id:senyaitiya:20180130154602j:image

 

学生のうちに自分の名義で部屋を借りるために、審査書類として入社先の内定証明書の提出が必要でした。

スキャンしてPDFで送る予定が見つからず、「今日か明日中に」とお願いされていたのに謝り倒して2日後の夜にメールで送信しました。情けない〜。

処分したかも、と言ったら母に引かれつつ「いざとなればお父さんの名義で借りればいいから」と慰められました。結局は大掃除で書類関係まとめてしまいこんでいて、それも母に探すの手伝ってもらって見つけられました。頼りきりです。

内定証明なんてただの形式書類であって必要になることないと思い込んでしまっていた、気をつけます。

入社先については、部屋を決めてすぐ不動産屋さんで書いた書類にも

  • 社名
  • 住所
  • 社員数
  • 上場の有無

を書く欄がありました。安定収入に関してシビアに見られている感。

これから新卒で部屋を借りる方は、内定証明の原本を不動産屋さんに持参するとその場でコピーとってもらえて楽かと思います。

 

ひとまず提出できたので、審査の結果が出るのを待つばかりになりました。無事に本契約に進みたい。

内定通知(だけでなく書類)は大切にしましょう…。