千夜一夜

人生は短い、それはまるでたった1日のように

Slackのbotアプリ設定と、macでのherokuインストール


slackでbotを作ってみたい!と思い立ちました。デフォルトで入ってるslackbotじゃない方。今回はbotAPI取得、herokuの登録とインストールまで。

TwitterとかLINE@ではbot作ったことあったけど、slackでは初だー。

  

 

趣味のSlackグループに入っているので、雑談できるbot作って遊びつつ最終的にはグループに入れて日々のトークでも役立てられたらいいなと思って。

 

 

参考にした記事

下記を参考に、サンプルのbotを実際に動かしてみました。

Botkitで出来ることの基本と簡単なBotの作り方をご紹介します。もちろん今回も、サンプルソースコードを用意しています。

さらに今回は、1クリックで環境構築までできてしまう「魔法のボタン」も作りましたのでご活用ください!

SlackBotを作るならコレ一択!Watsonとの連携で注目が高まるBotkitをつかってみた | Ledge.ai(レッジエーアイ)

slackでbotAPIを確保し、Herokuのアカウントを作るとサイト内のサンプルソースコードが接続されてとりあえず会話してみることができますよ〜というもの。

 

f:id:senyaitiya:20180426011207p:plain

名前のセンスがない!キャプチャした会話は、サンプルに入ってたソースをSlackのDMで動かしてみたものです。

ソースはGithubでも公開されています、こちらから。

  1. 参照先をひと通り読んで、
  2. Herokuのアカウント作って、
  3. Heroku Command Line Interfaceをインストール
  4. ターミナルでHerokuにログイン

までが今回の分。設定中までに苦労した部分を自分用にメモ残しておきます。

こんなにIT系っぽいこと書くの初めてかも(初心者並感)

 

herokuの設定

参照先内で省略されていたHerokuのアカウント設定方法について。

そもそもHerokuとは

アプリケーションの開発から実行、運用までのすべてをクラウドで完結できる PaaS(サービスとしてのプラットフォーム)

要は手間と費用をかけずにwebアプリを作れるサービス、のはず。

クラウド・アプリケーション・プラットフォーム | Heroku

最初に設定するパスワード、英字・数字・記号すべてが必須なんですね。記号とか入れないで登録ボタンを押そうとしちゃって、登録できない…?と数秒くらい焦ってしまった。

 

あと地域の選択がいきなりアメリカとヨーロッパの二択でかなりびっくりしました。デフォルトのままアメリカで大丈夫なようです。

f:id:senyaitiya:20180426022816p:plain

 

Heroku CLIのインストール

参考にした記事は

  1. サンプルコードの解説
  2. デプロイ(環境構築+動作)設定方法の解説

の構成になっています。

APIとかトークンとかある程度やったことあるので油断していたけど、このサンプルをカスタムしようとしたら編集できないという壁にぶつかってしまった。

Heroku上の「ターミナル」も触ってみたけど違ったり。

 

コードを開く第一歩として、下のリンクから「Heroku Command Line Interface(CLI)」をインストールしました。

Heroku CLI | Heroku Dev Center

Heroku Command Line Interface(CLI)を使用すると、端末から直接Herokuアプリケーションを簡単に作成および管理できます。それはHerokuを使用するのに不可欠な部分です。 

 

インストールされたCLIそのものは開けない、ってことがわかるまでに時間がかかった初心者です。ダウンロード失敗したかと思って2回落としちゃった。

 

f:id:senyaitiya:20180426020847p:plain

この画面の後もいろいろ続いてるんですけど、目次の「入門」まで飛びます。

https://devcenter.heroku.com/articles/heroku-cli#getting-started

ここで「ターミナル」を開いて、ログイン情報を入力します。Windowsならコマンド。

 

f:id:senyaitiya:20180426021010p:plain

 

ターミナル

最初は普通にコピペしちゃったんですけど、ターミナル上では編集できないのでメモ帳に入れて自分の登録メールアドレスとパスワードを入れてから貼り付けます。

追記:「heroku login」だけ打ったらいい、と後から気がつきました。最初の1行を入力すると続きは1行ずつ自動で出てくる…。)

失敗しても、ターミナルを一旦閉じてやり直せばなんとかなります。

Herokuへのログインが完了したところで力尽きちゃったので、続きは次回にします。どういうbotにしていくかもまだ固まっていないので。

 

次回:botのカスタマイズ

それにしても話し相手が欲しくてbot作ってるあいだに、皆はツイッターで「#いいねした人に名前伏せてどう思ってるか正直に言う」ってタグで仲を深めてるの本当に本末転倒って感じがしますね…。(嘘です。勉強のためです。)

 

追記:完成しました。

この記事のあとherokuで簡単なbotを完成させ、最終的にGASで応用編をしました。GASたのしい。

www.senyaitiya.com